ロンドン,ミュージアム,ギャラリー,アート,ツアー,ガイド,案内,イギリス,英国,美術館,博物館,展覧会,観光,旅行,個人,日本人
文化を主としたロンドン現地ガイドツアー
info@artlogue.net

ニューイヤー・パレード @ ロンドン

お祭りというのは、けっして長い歴史があるわけじゃない。

実家の名古屋では、11月に英傑行列というのがあって、尾張出身の信長・秀頼・家康といういわゆる三豪傑を中心に行進するのでした。

これだって、江戸時代の「大名行列」をなぞったものだけど、実は戦後に生まれた商業的なお祭り。

今は、「おもてなし隊」という違う形の新しい伝統すらうまれてるらしい。

 

ロンドンにも同じような「新しい伝統」があります。

その代表格がニューイヤーを祝う、ニューイヤーパレード。1980年代に、発案された新しいお祭りです。

元旦の午後、ロンドンの目抜き通り - グリーンパークからトラファルガー広場を抜けて、国会議事堂までを、さまざまな有志団体が趣向を凝らして集まります。

ぼけぼけですが、アルバム的にご紹介しましょう。

まずは、スタート地点のグリーンパークから。

DSCN0321

各団体は最終地点で審査があり、賞を競い合うので、最後のリハーサルに余念がありませぬ。

DSCN0329

どこの団体? 第一次世界大戦終結100周年を記念したのでしょうか?

DSCN0341

 

パレードが始まる前に、大急ぎで最終地点の国会議事堂近くまで移動しました。

ゴールには、参加したグループのパーフォーマンスを審査する席があります。 審査席の反対側でなんとか場所を確保!

歴史的な建物の前で、馬車の行進。まるで映画のシーンみたい。

DSCN0347

いろんな乗り物がとおります。 こちらはロンドン名物のダブルデッカー。50年代からの現役です。

DSCN0349

こんなレトロな乗り物も! しかしだ。ハンドルがないぞ!

DSCN0399

こちらも、イギリスの伝統的な衣装を着た人々です。パーリー・キング&クィーンといいます。

DSCN0417

伝統的なイギリスだけではなくて、ボリビアとかポルトガルとかからも参加があり、国際的でした。

もっとも多かったのはアメリカ。しかも高校生の団体。

ブラスバントとかチアーガール/ボーイが高いパーフォーマンス性で楽しませてくれます。

みんな海をわたって、新年をロンドンで過ごしにきたのね。

審査席は反対側だから、みんな向こうをみてるの。かたじけない。

DSCN0578

イギリスに移住している人たちのグループもたくさん参加してました。

DSCN0550

参加団体には、たくさんの慈善団体がいます。

えらいなって思うのは、こういうパブリックの場にでて、積極的に広報活動や募金活動を行っていること。

みんな、募金用のバケツをもって動きまわってるし。観客席のひとびともどんどんお金をいれていました。

社会貢献の考え方が広く根付いていてるんだね。

DSCN0393

ほら、このおばあさんとか、みんなの注目を浴びて、慈善団体の集金に一役買ってます。

DSCN0403

わたしの好きな一枚。小さな、小さな蒸気機関車!

DSCN0373

乗り物はどれも面白いけど、こんな小さな馬がいるなんて知らなかった。 ぬいぐるみたちが連れ歩いてる!

DSCN0483

お! モッズのおっさんたちも参加してる~。

DSCN0599

でも、今年の最高の乗り物はこちらです。 ああ、なんとエコなロンドン地下鉄でしょうか。

DSCN0502

裏返せば、バスに様変わりしました!

 

こういうのって、やっぱり音がないとだめよね。

てなわけで、最後はビデオです。 ちょこっと見ずらいけど、なんとかフェスティヴな雰囲気が伝わればと思います。

BBC「シャーロック」のミュージックをバックに、Happy New Year!

 

 

 


このブログは、アートローグのディレクターによって書かれています。

アートローグは、ロンドン現地にて、ユニークな文化の旅の企画・ご案内や日英のミュージアム・コーディネートの仕事をしています。

観光の個人ガイドのほかに、現地日本人向けの文化講座や、文化関係の通訳やミュージアム資料調査の代行も行っています。

サービス全体にご興味のある方は、下のロゴ(ロビンといいます)をクリックして下さい。

check_hare

 

 


コメントを残す