ロンドン,ミュージアム,ギャラリー,アート,ツアー,ガイド,案内,イギリス,英国,美術館,博物館,展覧会,観光,旅行,個人,日本人
文化を主としたロンドン現地ガイドツアー
info@artlogue.net

船乗りたちのパブ その1

ロンドンでも、観光地から少しだけ外れると面白いところがたくさんあります。

たとえば、ロンドン塔からちょっとだけ東の方へ歩いたエリアだって、

残念ながら旅行ガイドには紹介されていません。

ここには、ロンドンらしい古い歴史が隠れているし、その昔、船乗りたちがたむろした古いパブがたくさんあります。

 

ひさしぶりに、うさぎのロビンが個性あふれるパブをご案内しましょう。

ロンドン塔やタワーブリッジを横目に見ながら(川を渡らず)、

2016-03-20 13.20.16

テムズ川沿いを東に歩くと10分もしないうちに

セント・キャサリン・ドックといわれる小さな湾が目の前に広がります。

きれいなヨットが並んでいて、湾の周りにはレンガ造りの旧倉庫が並んでいます。

七つの海を制覇した大英帝国の時代、テムズ川は慢性的に船で超満杯でした。

特にテムズ川のタワーブリッジから東側には貿易の倉庫や船作り場が並んでいて、

先を競って船をつけようとしたり、方向転換をするために、無駄な時間と労力が使われたので、

少しでもたくさんの船がつけるようにと工夫されてできたのが、このドック(波止場)なんだって。

 

その喧騒も昔の話、

今は、まるで都会のリゾート地のように、おしゃれなレストランやホテルが林立していますが、

レンガ造りの建物はそのままで昔の面影が残っているの。

例えば、この時計とうの建物は、「アイボリーハウス」という名前。

象牙の貿易で栄えた倉庫だったんだね。

DSCN8878

 

小さな跳ね上げ橋をわたった東側は「マーブル・埠頭」、

イタリアから大理石を積んだ船がついた波止場です。

DSCN8877

そこに、立っているのが、「ディケンズ・イン」という大きなパブ。

三階建ての建物は、かつて、ほんとうにイン=宿屋だったことが窺えます。

そして、前に広い空間があるのは、馬車がそこについたから。

なんていってたら、ほんとうに馬車がやってきてしまいました。

映画の撮影なのでしょうか?

ロンドンにはそのままロケ地になっちゃう場所がいっぱい。

DSCN8881

 

このパブは、確かに立派で、古めかしいけど、あまりおすすめしません。

ロンドン塔に近いせいか観光ブックにも載っていて、有名なんだけど、あまりローカルな感じがしない。

(ま、それもパブなんだけどね)

でも、せっかくだから、ビールを一杯ひっかけて(やっぱり!)、次にすすみます。

 

さらにテムズ川沿いを東へ。

だんだん、観光地から離れていきますが、

テムズ川や石畳の道や倉庫街をみながらの散歩道です。

下は、東側からみたタワーブリッジとセの高いシャード。

帆船がたくさん泊まっている。

2016-03-20 12.30.20

これは川にそそぐ運河です。レンガ造りのおうちが並んでます。

2016-03-20 12.37.14

時々、テムズ川までおりていく石畳の道がみつかります。

DSCN8868

これは、かなり古い石階段です。

このくぼみ具合といい、かつて、船乗りたちや海賊たちが使ったものだね。

パイレーツオブカリビアンの世界だよ~。

DSCN8873

レンガづくりの倉庫は、今やみなおしゃれなアパートメントです。

2016-03-20 11.50.45

そうこうするうちに、パブの看板が見えてきました。

その名も「キャプテン・キッド」。

そう、あの「宝島」の、海賊キャプテン・キッドです。

実は、実在の人物なの。

でも、なぜ、海賊の親玉の名前がパブについているのでしょうか?

この看板、右下をよく見てください。

なんか、ぶらーん、ぶラーンしています。

そう、キャプテンキッドは、このパブのそばのテムズ川の上で絞首刑にされたのです。

 

2016-03-20 12.23.41

 

そんなおどろおどろしい話にゆかりのパブに入っていくと、

なんと、緑と光が溢れる素敵な空間が待っています。

でも、よーくみると、

なんと絞首刑の綱がぶらーんと下がっています。

ひょえー!

2016-03-20 12.23.09

キャプテン・キッドの幽霊の下をくぐって扉をあけると、

天井の低い、典型的な古いパブ。

2016-03-20 12.06.51

その壁にはやっぱり、

キャプテン・キッドがぶらーん。^^

2016-03-20 12.07.42

でも、ここには、テムズ川に開いた素敵なお庭があり、

夏は開放的で心地よくビールが飲めるのです。

そう、海賊たちの幽霊と一緒に!

2016-03-20 12.02.49

テムズ川からみたパブはこんな感じ。

kidd

ね、イギリスのパブを知ると、歴史がわかるでしょ?

幽霊と一緒にビール飲みたくなるでしょ?

また、近いうちに、この先をもっと東までご案内しますね~。

本日はこれにて~。


このブログは、アートローグの看板うさぎロビンによって書かれています。

アートローグは、ロンドン現地にて、個人旅行のための企画・ガイドや

日英のミュージアム・コーディネートの仕事をしています。

ご興味のある方は、下のロゴ(ロビンといいます)をクリックして下さい。

check_hare