ロンドン,ミュージアム,ギャラリー,アート,ツアー,ガイド,案内,イギリス,英国,美術館,博物館,展覧会,観光,旅行,個人,日本人
文化を主としたロンドン現地ガイドツアー
info@artlogue.net

駐車場に眠る王: リチャード3世

昨日、英国王のお葬式がイングランドの中部都市レスターで行われた。

英国王? レスター?と、首を傾げられるに違いない。

王は王でも、15世紀の王、リチャード3世。

richard 3

そんな昔に死んだ王の葬式が、なぜ昨日なのか?なぜレスターなのか?

また、次の疑問がわいてくる。

 

実は、このリチャード3世、2012年の初頭、レスターの中心部にある駐車場で発見された。

リチャード3世とは、かの「薔薇戦争」で、ランカスター家(赤薔薇)のヘンリー・チューダー(後のヘンリー7世)に敗れたヨーク家(白薔薇)の王である。

長びいた戦乱の世から、やっとイングランドが統一されて、チューダー朝が開かれることになった。

その最後の戦いが行われたのがレスターの近くであり、負けた方のリチャード3世はそこにあった教会に埋葬された。

しかし、ヘンリー7世の息子であるヘンリー8世の時に、宗教革命が起こり、その教会はつぶされ、

歴史からも葬られることになった。

めぐりめぐって、王の遺体の上は買い物客の車が停まる場所になっていた。

 

「リチャード3世」は、シェークスピアの主要作品のひとつにもなっている。

そこでは、せむしの王であり、ロンドン塔で甥っ子である王子兄弟を暗殺して、力ずくで王位を奪った「悪役」として描かれている。

だが、シェークスピアはチューダー朝の王室にもつかえた劇作家であり、

赤薔薇チューダーにとって敵方であるリチャードは悪いイメージで書かれたとしても、不思議はない。

おかげで、後世のイギリスには、リチャード3世=腹黒い人というイメージが定着している。

watson

シャーロックのワトソン役、マーティン・フリーマン演じるリチャード3世。名演でした。

 

歴史を裏解釈しようという人々はどこにでもいる。

イギリスでも、本当にリチャード3世はそんなに悪いやつだったのかとか、本当にせむしだったのかという、

疑惑をもつ人々が集まり、そのイメージを塗り替えようとする、心にロマンをもつグループができていた。

そして、3年前に歴史家たちと一緒になったそのグループが、この骨を探し当て、駐車場から救い出したのである。

DNA検査など科学的にも証明して、間違いなくリチャード3世の骨だと判明された。

しかし、ここに落ちがつくのだが、

なんと、その背中は曲がっていたのである。シェークスピアの作り事ではなく、ほんとうだったのだ。

bone

 

リチャード3世は、確かに身体的な特徴を持った人だった。

しかし、「Presumption of Innocent」という、

罪を問われた人が無罪であると主張することができる、現代にも通じる刑法をつくった人でもある。

 

王の死から600年近く、公の前でお葬式が執り行われた。そこには、真新しい棺がおかれた。

その棺をつくったのは、リチャード3世の子孫で、今はカナダで大工をしている方だ。

多くの人々が、手に手に「白い薔薇」をもって参列した。

歴史にはロマンがある。

3896927b-5c22-4d66-8795-2fd09f27ff41-1020x754

 

余談だが、ここのレスター大学大学院の博物館学部で、秋篠宮の眞子さんが留学しておられる。実は、私の出身校でもあります。