ロンドン,ミュージアム,ギャラリー,アート,ツアー,ガイド,案内,イギリス,英国,美術館,博物館,展覧会,観光,旅行,個人,日本人
文化を主としたロンドン現地ガイドツアー
info@artlogue.net

ロンドン展覧会 ニュース 現地ガイド

ロンドン、展覧会ニュース 現地ガイド

 

現地ロンドンから、美術館や博物館の特別展覧会の最新ニュースをご案内します。
ミュージアム巡りのスケジュールづくりに、アート情報集めにお役立てください。

展覧会名がオレンジ色になっているところは、その展覧会を見学したアートローグの感想です。

また、ここに記載されていない美術館・博物館・ギャラリーの特別展示については広くカバーしたウェブサイトがありますので(英語)、当HPのリンク集をご参考に

(更新 2017.9.27)

 

「ヤン・ファン・アイクとラファエロ前派」展  ~ 2018/4/2  – ナショナルギャラリー National Gallery

ミレイ、ロゼッティ、ハントなど19世紀イギリスの若手アーティストたちのアンチ・アカデミズムの集団ラファエロ前派。あのヤン・ファン・アイクの「アルノルフィーニ夫妻像」がいかにラファエロ前派に影響を与えたかをみる玄人好みの展覧会。


「セザンヌの肖像画」展 ~2018/2/11 – ナショナル肖像画美術館 National Portrait Gallery

19世紀を代表する画家セザンヌ。彼が描いた肖像画を世界中の美術館から集めたとてもユニークな展覧会。セザンヌの構成主義が人物をどうとらえるのか。


「スキタイ人-古代シベリアの戦士」展 ~2018/1/14 - 大英博物館  British Museum

紀元前2-8世紀のシベリアを中心に活躍したスキタイ人の文化を探る本格的な展覧会。古代ギリシア人やペルシア人たちとの接触がいかに影響を与えあったのかが見もの。


「イリヤ&エミリア・カバコフ」展 10/18~2018/1/28  テートモダン TATE Modern

今年は、ロシア革命100周年。それを記念して開催される20世紀ロシアを代表する現代アーティストの展覧会。自由な表現が規制されているからこそ、内側からの強い叫びが聞こえてくるかのような、インスタレーションワークだ。


「Rachel Whiteread 」展  2018/1/21 - テートブリテン TATE Britain

現在のイギリスを代表する女性アーティストによる本格的な個人展。家、風呂桶、水まくら、日常のものを違う角度から提示してみせる。


 「オペラ:情熱と力と政治と 展」~2018/2/25 – ヴィクトリア&アルバート美術館 Victoria & Albert Museum

オペラの起源である後期ルネサンスから現在まで、その歴史を辿り、オペラ誕生にまつわる情熱や政治の裏話を交えながら、全貌をとらえる本格的な展覧会。


   コートールド美術館  Courtauld Gallery

 


「Torbjorn Rodland」展  ~ 11/19 サーペンタインギャラリー Serpentine Gallery

ノルウェーで生まれ、現在アメリカで活躍する写真家。身体はもちろん、静物や風景をモティフにして、不思議な触感を表現する。


「Thomas Ruff」展  ~2018/1/21  ホワイトチャペルギャラリー Whitechapel Gallery

現代を代表するドイツの写真家。日常の生活風景をユーモラスに捉えた。パスポートサイズの小さなものから壁全面を使った巨大なものまで幅広いメディアを使う。


「ダリとデュシャン」 展   ~2018/1/3  ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ Royal Academy of Arts

コンセプチュアル・アートの父、マルセル・デュシャンとシュールリアリズムの巨匠ダリ。この展覧会は、彼らの知られざる人間関係とそれが及ぼした芸術への影響に光をあてる初めての試み。


 

アートローグでは、美術・文化・歴史を主としたさまざまなツアーを企画しています。

各種サービスをご覧になりたい方は、下のロゴ(ロビンといいます)をクリックして下さい。 check_hare