地球の肌:アンドレア・ガースキー展@ヘイワード・ギャラリー

ロンドンのヘイワード・ギャラリーがリニュアル・オープンした。

そのこけら落としの展覧会が、ドイツの写真家アンドレア・ガースキー(Andreas Gursky)。

あの企画力のあるギャラリーが新展覧会で何をみせてくれるんだろう? 告知段階から気になっていた。

地下鉄の広告ポスターにも目が奪われた。

果たして、会場を訪れたら、やはり期待を裏切らない力強い写真展だった。

ソーラーパネルの畑、90年代東京の株取引場、アマゾンの倉庫、イケアの工場、バフレーンのサーキット。

どれも、群像を引きでとった集合写真。それがまるで、美しい模様のようにみえる。

同時に、その裏にグローバル化、大量生産、スウェット工場、環境問題。。。が見え隠れする。

アーティストが声高に何かをアピールしているのではないけれど、

写真という真実のレンズを通して、観る者に考えさせる作品ばかりだった。

カメラというフレームとアングルで、わたしたちが生きている現代を切り取ってみせ、この社会を振り返ることを静かに促していた。

それらはまるで地球の肌のようだ。

言葉はこれくらいにしよう。

展覧会のスケールには及びもしないけれど、作品の向こうに見えてくるものに思いを寄せてみて下さい。

4/22まで ヘイワード・ギャラリー Hayward Gallery にて

 


アートローグの旅のサービスの概要、その料金システムを見るには、次の2つのボタンをクリックしてください。

 

Blog

お客様からの声

Facebook

Instagram