Voices:ロンドン最古ツアー

“お客様の声:ロンドン最古ツアー”



 

“はじめてのロンドン!ダントツ!心に深く刻まれたもう一つのロンドンの1日”

ロンドへを訪れた事のある友人は多いが、こんなに素敵な「ガイドブックには無い”もう一つのロンドン”を案内してもらった人は稀だろうと思う。

観光のオススメを聞くと皆一様に「いっぱい現地バスツアーが出ているから安くて効率よく回ってくれるよ!」と教えてくれた。

がしかし感想を聞くと・・・あれ?皆ガイドブックに書いてあるくらいの事ばかり。

なんか違うなー・・・

そんなわけでインターネットで探して探して探してようやく「アートローグ    」さんのサイトに辿り着きました。

 

早速メールをしてみると、なんとも丁寧で優しくて気が利いたお返事が返ってきた。「オッ!これはいいぞー」一気に期待が高まりました。

行きたいところの希望一覧を提示。

すると他の日程との関係も合わせて「自分自身で廻れるところ」「アートローグ さんで案内してもらう価値のあるところ」を整理してくださって一日コースをプログラムして頂きました。

いよいよ当日。目の覚めるようなピンク色のコートがお似合いの吉荒さん登場!これならどんなに混んでいても見失うことは無いな。

そしてロンドン塔をスタートに素敵な1日が始まりました。

説明五分もしないうちにその解説の素晴らしさにすっかり惹きこまれ、中身を忘れるのがもったいなくて思わずメモする私。

すぐ横では団体さん連れたガイドさんが大声で説明頑張っていましたが後ろの人は良く聞こえないだろうなー。

こちらはプライベートでゆっくり解説。余裕余裕。質問だって自由自在。これぞまさにプライベートツアーの醍醐味。

自分へのご褒美と同行した娘へのプレゼントにちょっと贅沢して「プライベートガイドさん、しかもアートローグ  さんに出会えて正解」を確信。

とっても「素敵な知的な痒いところに手が届く」感動の一日をありがとうございました。こんな素敵なガイド会社今までに見た事がありません。

すっかりファンになってしまいました。またの再会絶対に果たしたいと思います。

お客様が撮ってくださったガイド中のわたし


(アートローグから)照れてしまうようなメッセージをありがとうございます。娘さんとご自分へのご褒美の旅。何かモノより一生に残る思い出をと、おっしゃっていたのを思い出します。お手伝いができたならとても嬉しいです。その後、同じ年の秋にはわたしの出版パーティーにわざわざいらしてくださいました。本当にありがとうございました。

 


敬意をもって他者に接する人々と、それを見守る歴史的建造物と、テムズ川がロンドンをアートにしている

(2018 年3月 大阪SM様)

 

ロンドンは、あの角を曲がるとどんな街並みが自然が人々が。。の期待の連続空間でした。

ガイドの吉荒さんは次から次へとロンドンの過去と未来のドアを開けられ、一人旅の風通しを良くして頂きました。

旅のはじめに、テムズ川の恩恵を礎とした街形成の観点を教えてもらったことが、その後の街歩きの指針となったようです。

ガイドブックには少ない宗教やローマ文化の説明を吉荒さんから頂き、旅行後のご褒美的な楽しい勉強素材にしております。

巡る中で最も感嘆した事が世界中の人種が生活の場としてロンドンにいる事。

皆が感謝の言葉を声に出し、多少混乱気味のストリートも自己責任のもと効率的に機能

多国籍なロンドンを自然と思い、一定の敬意で他者に接する人々と、それを見守る歴史的建築物と寛大なテムズ川の三者の協調性がロンドン自体をアートにしてると感じました。

日常と違う事に出会える海外街歩きの視点は、吉荒さんが思い描かれる日本の都市の奥深さの再認識に役立ちますし、旅行で最も必要な目的とも思います。

吉荒さんの素敵な笑顔と深い造詣に基づくガイドにより多少不安だった一人旅がテムズ川の流れの如く生き生きしたものになりました。

改めて心より感謝致します。

次のロンドン旅行でも是非宜しくお願い致します。


(アートローグから)ご自身が大阪の街歩きを(趣味以上に)なさっているSM様にご参加いただきました。歴史ある街の街歩きの奥深さをよくご存知だからこそ、ロンドンの真髄を掴んでいただけたようで、嬉しい限り。是非、大阪の街歩きに連れて行ってくださいね! 



 


アートローグの旅のサービスの概要、その料金システムを見るには、次の2つのボタンをクリックしてください。

 

Blog

お客様からの声

Facebook

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.