ロンドン,ミュージアム,ギャラリー,アート,ツアー,ガイド,案内,イギリス,英国,美術館,博物館,展覧会,観光,旅行,個人,日本人
文化を主としたロンドン現地ガイドツアー
info@artlogue.net

まさに「ブラタモリ」のロンドン版

ロンドンでのガイド,ありがとうございました!!!

吉荒さんのおかげで,ロンドンでの二日間が一人で旅行するより何十倍も何百倍も充実したものになりました!

まさに「ブラタモリ」のロンドン版を実体験させていただきました。

一人で観光していたとしたら,ロンドン塔がなぜここに建ったのか,ロンドン塔にある甲冑に見られるヘンリー8世の体型の変わりよう,ウェストミンスター寺院と国会議事堂にあるチャールズ一世とクロムウェルの像が向かい合っていることのおもしろさ,ウェストミンスター寺院の中にある数ある王様の棺について,クロイスターの意味など・・・を知ることなく素通りしていたと思います。

また,ナショナルギャラリーでは,初めて,「絵はおもしろい」と思いました!

今までは,有名な絵を見て「これが有名な絵か」と思うだけだったのですが,一枚の絵についてじっくりそのおもしろさや他の絵と比較しての興味深い点などを教えていただき,こんなに一枚の絵の前で立ち止まって鑑賞したのは初めてでした。

岩窟の聖母の慈しみつつ複雑な表情のマリア,アルノルフィーニ夫妻の夫の表情,スーラの絵の川辺に座っている男性の横顔などが忘れられません。

ロンドンを離れてコッツウォルズに向かう車中からは,コンスタブルの絵に描かれているような風景が広がっていました!

大英博物館では,アッシュール・バニパル王のレリーフに描かれている腕輪や弓,服の模様にまで注目してみることができたり,パルテノン神殿の像の前では描かれている場面やギリシャ神話のストーリーを教えていただいたり,そして博物館の意義もお話しいただいたりと,ここでも,一人で見ていたとしたら,きっと「大きいなあ,古いなあ,すごいなあ」で終わっていたと思います。

さらに,ジョン・ソーン博物館では,一見ただただたくさんのものが陳列されているように見えるところに意味があることも知り,掛けられている絵の裏にさらにホガースの絵があることにも驚きました!

二日間で感じたことや初めて知ったことなどの喜びは書ききれません!

歴史,芸術,地理的なこと,いろんなことに興味がわいた二日間でした。

各見学場所へのスムーズな入り方や移動を考えていただき,これについても一人で観光していたら,きっと長蛇の列に並ぶことになり,予定していたものをすべて見ることはできていなかったと思います。

またロンドンを訪れ,またナショナルギャラリーの他の絵についても教えていただきたいと思っていますし,路地裏も歩いてみたいと思っています!

帰国したばかりですが,再訪することをもう考えてしまっています!

いつになるかまだわかりませんが,その時も吉荒さんにぜひお願いできたらと思っています。

では,またお会いできることを楽しみにしています!!!

(2018年8月 香川県 TT様)


アートローグから) 香川県の高校で先生をしていらっしゃるT様。はじめてのロンドンを2日間ご案内させていただきました。まるで「ブラタモリ」をロンドンでしてもらっているようだとご感想を頂いた時、とても嬉しかったです。実は、「ブラタモリ」のようにロンドンの奥深さをご案内することがわたしの目指すところだから。是非、またお会いしましょう。ロンドンの街こそが偉大な「生きたミュージアム」。そんなめくるめく、活気あふれる路地裏にご案内いたします。