ロンドン,ミュージアム,ギャラリー,アート,ツアー,ガイド,案内,イギリス,英国,美術館,博物館,展覧会,観光,旅行,個人,日本人
文化を主としたロンドン現地ガイドツアー
info@artlogue.net

同時多発テロその後のパリ、ストリートアート

今回のパリ旅行の目的は、ストリートアートをみることだった。

特に、2015年11月の同時多発テロ後に、どんな作品が生み出されたか

-社会とアートの関わりに関心を寄せる者として見逃すわけにはいかない。

このブログでは、現地で撮った写真を紹介しながら簡単にお伝えしたいと思う。

 

パリのストリートアートの特徴のひとつは、小粋でキュートなことだろうか?

そこに、ストリートアート特有のちょっとしたブラックユーモアがはいりこむ。

2015-12-20 13.08.57

DSC_0434

2015-12-20 12.27.31

スタイリッシュなスタイルもある。

次の作品など、スプレー缶で、こんな繊細な表現ができるんだと感心した。

2015-12-19 13.55.29

これは、LAのアーティスト、フェアリーの作品。

2015-12-20 14.57.01

ポップなストリートアートと、シックな街並みのギャップが面白い。

しかも不思議にあっている。

2015-12-20 16.07.31

2015-12-20 16.13.17

 

2015年11月のテロの後も、ストリートアーティストたちは間髪いれずに動いた。

いつもは、ひとりひとりが独自制作するのが普通だけれど、

この時ばかりは、20-30人のアーティストたちが結託したという。

ストリートアートは街と生きるアートであり、ストリートアーティストはそれをうみだすことを使命にしている人たちなのだ。

大きく書かれたメッセージ「Fluctuat Nec Mergitur」は、パリ市のモットーで、「波に打たれても、沈まない」という意味。

右のマークもパリ市の紋章で、荒波を乗り越える船のイメージ。

黒いバックに、白の文字がとても力強い。

FLUCTUAT_NEC_MERGITUR_Paris

同じイメージをつかったセトの作品。 小さな男の子が描いているのは、パリという船。

seth

 

三つの事件が起きたそばの広場、レビュブリック広場には、今も人々が花やキャンドルやメッセージを手向けに来る。

そこにも、ストリートアートが埋もれている。

例えば、記念碑の上部には、恋人たちのキスシーンを撮った有名な写真作品を使ったものがある。

事件後、フェイスブックやツィッターでは、そのイメージが溢れたという。

この写真は、トリコロールの国旗と同じく、パリのいわばアイコンなのだ。

DSC_0534

事件のおきたレストランのそばでも同じポスターを目にした。

よく見ると、恋人たちの胸には赤いインクが血のように流れている。

同じく赤の文字で、「Meme Pas Mal 」=「傷つきもしない」

そんなことで愛は挫けない、そんなことでパリも傷つかない、というメッセージなのだろう。

DSC_0525

そのレストランのそばには、バンクシーの有名な作品も-レストランに向かって、花を投げている。

彼自身が手がけたのか?

それともストリートアーティスト仲間でよくやるように、バンクシーの友人が彼に代わって、残したのかもしれない。

いずれにしても、この場にして、この絵である。

DSC_0485

 

事件後1ヶ月、パリに足を運んで、

ここで生活する人々は、起こった出来事を鎮魂の思いをもって、真摯に受け止めながら、

今までと同じように、「Je sui en terrasse ( 今日もテラスにすわる)」 と、前を向いて生きているのを確かめることができた。

ストリートアートは、そんなひとびととともに生き、勇気づけ、批判精神とユーモアを培う、生き生きとした表現だと、つくづく思った。

2015-12-19 15.28.49