ロンドン,ミュージアム,ギャラリー,アート,ツアー,ガイド,案内,イギリス,英国,美術館,博物館,展覧会,観光,旅行,個人,日本人
文化を主としたロンドン現地ガイドツアー
info@artlogue.net

オットセイの楽園

イギリス人もスコットランド人も、自然を歩くのがほんとうに好きだと思う。

「歩く事」が文化になっている。

パートナーのJもイギリス人だが、

おかげで、日本にいた時にはなかった新しい趣味がわたしにもできた。

 

歩く事が文化だから、それを支える様々なシステムができている。

たとえば、英国では全国津々浦々に「フットパス」というのが巡らされている。

簡単にいえば、たとえプライベートの土地でも、基本的なルールさえ守れば、誰もが自由に歩けるというしくみだ。

Jが誇らしげに語るには、フランスでは「フットパス」が政府主導でつくられたのに対し、

イギリスでは、人々の間でそういう習慣が自然にできあがったらしい。

若干、長年の宿敵フランスに対する見栄があるように思えなくもないが、

それはさておき、歩く事が「文化」になっているのだと、やはり思う。

そのおかげで、全国くまなくカバーされた、とても細かい地図さえある。

 

ホストであるJoさんちのコッテージの本棚にも、

この近辺の歩く用の細かい地図やウォーキングのしおりがあった。

今回は、それを拝借して、海岸部に沿って小さな半島をぐるっと廻るコースをきめた。

 

車を最寄りのパーキングスペースに停め、海に向かった。

川と小さな沼地と海と、砂場と岩場と、不思議な色のハーモニーを演出している。

masy land and jamie

 

しかし、穏やかなのはそこまでで、そこからは、大変(少なくともわたしにとっては)困難なルートを行く事になった。

フットパスといっても、これが道なのか?というような感じ。

いや、かろうじて獣道みたいのが確認できるなら、まだましで、

まさに言葉どおり「道なき道を行く」。

時には、深い草むらや灌木の湿地帯だったり、海岸線の崖っぷちだったり、ゴーゴーと流れる激流の川沿いだったり・・・。

そのような状況で、どのルートをとるか判断するのはとても難しいと思うのだけど、

先をいくJは心得たもので、時に細かいマップやGPSにたよりながらも、道を探し出した。

moor field red

わたしは悲鳴をあげながら、あとについて行った。

なにを隠そう、実は高所恐怖症なのだ。

崖っぷちを歩く時には、文字通り膝がガクガク鳴っていた。

一見歩きやすそうな湿地帯だったって、深い草むらの下に、小さく深い水たまりが隠れている。

そこにはまったら、ひどい目にある。

海岸沿いだから、ものすごく風も強い。しかも、時折強い雨が降った。

鼻水と涙を流しながら(強風に吹かれるとそうなる体質)、

ウォーキングシューズの中もぐしょぐしょにしながら、

時に尻餅もつきながら、必死に歩いた。

なんでこんな人っ子ひとりいないようなところを歩くんだろう。

誰がこんなとこにくるもんかと、

なんでこんな品のよい日本人をひっぱってくるのよ!とブツブツいいながら、

しかし、ここまで来たら、いさぎよくついて行くしかなかった。

やがて向こうの方から、人影が。

一組のカップルが、道なき道をさっさと通過して行った。

「ここは、わたしたち3度目なのよ。今日はなんか歩き足りなくて、予定をのばす事にしたの」

やっぱり、エゲレス人は自然のなかを「歩く」のが好きだ。

でも、歩ける道だとわかって、少し安心した。

 

こういうハードな道を歩く時は、後でよい事が待っていると想像するのが一番。

私の場合、それは、美味しい酒と料理とか。

これがもしも日本だったら、そのリストに絶対に「温泉」をいれるのだが、

スコットランドでは、温かな湯をはった湯船でがまんするしかない。

 

もう3時間も歩いただろうか、ある高台に上りつめたら、

その向こうに隠れた静かな湾が待っていた。

波が押し寄せるところには、一軒の石造りの廃屋がある。

bay with a old house

こんなところに人が住んでいたなんて!

どうやって生活を営んでいたんだろう?

そもそも、どうやって他の地域と行き来したのだろう?

などと想像していたら、

Jが叫んだ。

「オットセイだよ、ほら、あそこ。あんなにたくさん」

ほんとだ!

こんどは、肉眼ではっきり見える。20匹はいるだろうか。

先日スカイ島で遠見したオットセイたちは、

そろいもそろって岩盤の上で、ひなたぼっこをしていた。

ずんぐりした図体を横たえて、うだうだとリラックスしていたけれど、

今回みるコロニーのオットセイたちはとても活発だ。

日向ぼっこ組もいるが、海で泳いでいるのがたくさんいる。

子供たちなんだろうか。

追いかけっこしたり、ジャンプしたりして遊んでいる。

seals sunbathing

seals playing

向こうも、こちらに気がついたようだ。

海から顔だけだして、こっちをじっと見ている。

わたしたちがちょっと動くと、

日向ボッコ組 −きっと親たちなのだろう−が、一斉に海の中にはいってしまった。

でも、けして遠くにはいかないで、少し離れたところでこちらをみている。

子供たちはあいかわらず、たまに海から顔をだして私たちの様子をうかがいながら、

遊びに興じている。

 

楽しそうだから、わたしたちもそこでサンドイッチを食べる事にした。

さっきの風雨はうそのように静まりかえっていた。

荒い波も、この小さな湾では穏やかになっている。

ここは、オットセイたちのパラダイスにちがいない。

わたしも「温泉」の事は忘れてしまった。

ここまでなんとか歩いてきた事に対する

かけがえのないご褒美である。

 

ランチを終えて、もうぼちぼち出発せねばと、立ち上がった。

先に進むには、湾に降りて行かなければいけない。

オットセイたちの平和で楽しい時間を乱してしまうようで、申し訳なかったけれど、

どうやら、老婆心だったようだ。

湾を降りて、廃屋の脇をとおり、反対側まで行ったら、

なんと、子供のオットセイたちがわたしたちの方に近づいてきたのだ。

彼らは、海から顔だけだして、わたしたちを目で追っている。

たまに、海のなかに水しぶきをあげてジャンプしながら。

好奇心たっぷりのオットセイたちだった。