ロンドン,ミュージアム,ギャラリー,アート,ツアー,ガイド,案内,イギリス,英国,美術館,博物館,展覧会,観光,旅行,個人,日本人
文化を主としたロンドン現地ガイドツアー
info@artlogue.net

ブリテン島の陸の孤島

スコットランド旅、5日目。

朝、ウォーキングに向かったのは、Achiltibuie村のある半島の付け根。

地図のうえの距離では、ハイランドの幹線道路と近くにあるのだが、

幹線道路とその付け根部分を結ぶ車道はない。

その海岸線は、道路が敷けるような環境ではないのだろう。

だから、2日前ここに入ったときも大回りしながら、クネクネ道を走ったのである。

 

今朝は、車がはいれるぎりぎりのトッツキまで行き、

そこに停車して、その先に続く「フット・パス」を歩くことにした。

 

ゴースの黄色い花が咲き乱れ、その香しい匂いがあたりに漂う。

時折、色鮮やかな家や石造りの小屋が点在する。

羊たちの群れの向こうには海が広がっている。

なかなか絵になる風景だ。

red house post man

その先にも道が続いているのだそうだが、

昨日の事もあったし、ここもかなり長く厳しい道のようなので、

今回はそこで断念した。

 

ところが、後で、Joさんの本を斜め読みして知ったのだが、

その道は、ハイランドの中心部と結ばれた唯一の道だった。

あの2日前わたしたちが通った車道ができる前の話である。

post man

かつて、このAchiltibuieにくるために、ポストマンは20キロ以上の険しい道をとおったという。恐れ入ってしまう。

 

文字通り、このエリアはブリテン島の陸の孤島だったのだ。

そんなロケーションに住む人々の生活は厳しかった。

時には凄まじい貧困とか飢餓とかがあったらしい。

 

ところで、わたしたちのホストのJoさんは、母屋の方に一人で住んでいる。

たぶん、70代半ばぐらいの方だと思う。

きれいな英語を使われたので、ご出身を聞いてみた。

「いえ、わたしはもともとロンドンなんですよ」

「リタイアーしたし、子供たちも大きくなったから、

27年前、ここに住み着いたんです。」

「犬もいたし。ここが大好きで」

「あなたたちが泊っているコッテージは、昔、牛小屋だったんですよ」

Jo House

高齢の女性が一人、こんなに田舎の家で暮らしている。

イギリス人の高齢者はとても自立していて、

それなりに自分の人生を楽しんでいる人が多く、いつも感心してしまう。

 

かつては寂れた部落も、

Joさんみたいな人がいたり、ウォーキングやシーカヤッキングが好きな都会人がやってきて、今は人口が増えているという。

 

最後に、今日のごほうびの写真。肉眼で発見。

まさか、出くわすとは思わなかった。

dear horn