ロンドン,ミュージアム,ギャラリー,アート,ツアー,ガイド,案内,イギリス,英国,美術館,博物館,展覧会,観光,旅行,個人,日本人
文化を主としたロンドン現地ガイドツアー
info@artlogue.net

空飛ぶペリカン:セント・ジェームス公園

エリザベス女王が住んでいるバッキンガム宮殿の前に、

「セント・ジェームス公園 St. James Park」という美しい庭園があります。

ロンドンにはたくさん公園があるけれど、うさぎのロビンはここが大好きです。

だって、公園の作り方が自然で、季節の花が咲き、

たくさん動物や鳥たちがいて、とても身近に生活しているから。

 

特に鳥はいろんな種類がいるんだよ。

鴨さんや白鳥さんはもちろん、黒鳥さんやキツツキさんやフクロウさんやペリカンさんまでいる。

みんな放し飼いで、とてもここが都会のどまんなかなんて思えないくらい。

2015-03-06 12.22.10

2015-03-06 12.49.53

その庭園で、あるお天気のよい日、ペリカンさんたち会いました。

しかも、眼と鼻の先で。 (もちろん檻なんかないよ)

いつもは、池のなかの岩のうえで、のんびり日向ぼっこしているのが多いのだけれど、なんか今日はいつもと違う。

おおはしゃぎで歩き回っていて、

とにかく、むちゃくちゃ威勢がいい・・・

2015-03-03 13.33.53

2015-03-06 12.17.15

 

そしたら、な、なんと、2羽のペリカンさんが、あっという間に空高く飛び立ちました。

・・・・・・・

空飛ぶペリカンさんはじめてみたよ。

悠々としていて、青い空に映えて、とてもきれいだった。

ロビンも耳を使ってあんな風に飛べるといいんだけれどなあ。

 

2015-03-06 12.15.54

 

ところで、なんでイギリスにペリカンさんがいるのって・・不思議でしょう?

実は、この公園は、昔むかし、イギリスの王様のプライベートな動物園でした。

エキゾチックな動物たちをもっているというのは、王様がお金もちっていうステータスだったのね。

ヨーロッパの王様同士で、みたことのないような動物をプレゼントしたこともあります。

ある時、ロシアの王様から贈られたのが、ペリカンさんだったのです。

それ以来、ペリカンさんはここに住んでいるんだそうです。

 

普通の公園にも、こんな風に歴史があるのって、面白い。

こんど、セントジェームス公園に行ったら、ぜひペリカンさんを探してね。

 

royal park

 


このブログは、アートローグのディレクターによって書かれています。

アートローグは、ロンドン現地にて、個人旅行のための企画・ガイドや

日英のミュージアム・コーディネートの仕事をしています。

ご興味のある方は、下のロゴ(ロビンといいます)をクリックして下さい。

check_hare