ロンドン,ミュージアム,ギャラリー,アート,ツアー,ガイド,案内,イギリス,英国,美術館,博物館,展覧会,観光,旅行,個人,日本人
文化を主としたロンドン現地ガイドツアー
info@artlogue.net

敬意をもって他者に接する人々と、それを見守る歴史的建造物と、テムズ川がロンドンをアートにしている

ロンドンは正に、あの角を曲がるとどんな街並みが自然が人々が。。の期待の連続空間でした。

ガイドの吉荒さんは次から次へとロンドンの過去と未来のドアを開けられ、一人旅の風通しを良くして頂きました。

旅のはじめに、テムズ川の恩恵を礎とした街形成の観点を教えてもらったことが、その後の街歩きの指針となったようです。

ガイドブックには少ない宗教やローマ文化の説明を吉荒さんから頂き、旅行後のご褒美的な楽しい勉強素材にしております。

ガイド後も吉荒さんが大海原へ指差してくれるが如く、タクシー、バス、チューブ、船、列車、脚を駆使酷使。
改めて朝の通勤時の目覚めるシティ。心の拠り所のオールハローズ。出会った先々の教会での女性の為の小さな礼拝室。5周したロンドン塔のクラウン鑑賞に長時間居候の ホワイトタワー。ブレックファストはパブで。ホテル周辺の大学に本屋。シェイクスピアにディケンズ。リバティの吹き抜けに布地の裁断机。テムズ川沿いにそびえ立つ新旧様々な様式の建物を眺めて一息、ローマ時代の遺跡の一部を見つけて二息。

巡る中で最も感嘆した事が世界中の人種が生活の場としてロンドンにいる事。

皆が感謝の言葉を声に出し、多少混乱気味のストリートも自己責任のもと効率的に機能。

無論、アートにも触れました。大英博物館、V&Aとテートモダン等。今回の旅の惜しいところがここに吉荒さんが居てくださればと。

多国籍なロンドンを自然と思い、一定の敬意で他者に接する人々と、それを見守る歴史的建築物と寛大なテムズ川の三者の協調性がロンドン自体をアートにしてると感じました。

日常と違う事に出会える海外街歩きの視点は、吉荒さんが思い描かれる日本の都市の奥深さの再認識に役立ちますし、旅行で最も必要な目的とも思います。

長文になり申し訳ございません。吉荒さんの素敵な笑顔とロンドン等の深い造詣に基づくガイドにより多少不安だった一人旅がテムズ川の流れの如く生き生きしたものになりました。

改めて心より感謝致します。

次のロンドン旅行でも是非宜しくお願い致します。

(大阪 SM様)


(アートローグから)ご自身が大阪の街歩きを(おそらく趣味以上に)なさっているSM様に「ローマ遺跡から超現代建築」のツアーをご利用いただきました。歴史ある街の街歩きの奥深さをよくご存知だからこそ、ロンドンの真髄を掴んでいただけたようで、嬉しい限りです。機会があれば、是非、大阪の街歩きに連れて行ってくださいね! またお会いしましょう。