ロンドン,ミュージアム,ギャラリー,アート,ツアー,ガイド,案内,イギリス,英国,美術館,博物館,展覧会,観光,旅行,個人,日本人
文化を主としたロンドン現地ガイドツアー
info@artlogue.net

祈りとオートバイ:マン島への旅

アイルランドとブリテン島のあいだに、「マン島」という小さな島がある。

最初にマン島の事を知ったのは、マシュー・バーニーというアーティストのビデオ作品からだ。

そこでの伝統的なオートバイレース、「TTレース」をテーマにしたもので、

豊かな自然と猛スピードのオートバイのコントラストが印象的だった。

その後、独自の議会や独自の「国旗?」をもつ独立精神旺盛な島であることも知った。

その不思議な旗は記憶のすみに残った。

3LEGS

そんな私が、実は、今年6月、「祈り」を目的とするお客様をお連れすることになり、

この島についてさらに学ぶ機会をいただいた。

マン島=オートバイレースというイメージをおもちのみなさんにも、

少しおすそ分けしたく、こうしてパソコン画面に向かっている。

 

これもご縁なのだろうか。

なんと、そのご訪問が 1年に一度のこの島の大イベント、TTレースの時期に重なった。

というわけで、ロンドンから乗った飛行機は、世界中からのライダーだらけであった。

 

島にはとても豊かな自然がある。

レースの時以外は、素朴な生活のある静かな島なのだろう。

DSCN4467

DSCN4484

でも、けして寂れているわけではない。

なぜなら、ここの税金はイギリス本国よりも低く、そのため、いわゆるタックスヘブンになっているからだ。

お金持ちがたくさんここに住んでいるという。

あの、車のTV番組「トップギアー」のプレゼンター(不祥事で最近辞めてしまった人)も、住んでいるらしい。

・・・さもありなん。

島を走っていても、豊かな生活が垣間見える。

かと思えば、蒸気機関車が普通に走っている。観光目的ではなく、庶民の足だ。

DSCN4518

そんな島が、なぜ、「祈り」の場になるのか不思議に思われた方もたくさんいるに違いない。

実は、この島には、いわゆる「ストーンヘンジ」みたいなものが、わんさかある。

しかも、観光地化されていなくて、自然やひとびと生活のなかに残っている。

妖精伝説もたくさんある。

DSCN4502

さらに、ここには ‘世界最古”の「議会」があるという。

キリスト教文化がはいってくる前の話だ。

マン島は、ちょうど、アイルランド、スコットランド、ウェールズを結ぶ中心地に位置する。

その地理的ロケーションのために、

それぞれの王や代表者たちが、定期的にこの島の中心地に集まり会議をしたのだそうな。

今もちゃんとそこに石のサークルがあり。 座長が座る石がおいてある。

その会議の場は少し小高い丘になっていて、360度みわたせる。

会議のときには、周囲の山々からラッパの音がしたのだとか。

ご案内した方たちは、そこで寝そべったり、瞑想したりなさっていた。

耳を澄ませば、ラッパならぬオートバイの音が聞える。

企画段階のときに、「祈りを目的にされているのに、たまたまTTレースに重なり、環境的に適切ではないのでは?」と心配したのだが、

「いいんですよ。ある意味、この島にエネルギーが集まっているのですから」とおっしゃった。

なるほど。

 

本レースは翌日からだったが、みんながルートの下調べや流しにきていた。

DSCN4473

これが、本レースのゴール。

DSCN4542

地元の女性タクシードライバーさんは、とてもよい人で、

レースのために島のレストランはどこもいっぱいだろうからと

オーガニックの店から食材を買い揃えて、海を見下ろす丘の上でピクニックを用意してくれた。

DSCN4476

レースをさけて、わたしたちの祈りの目的をみごとにかなえてくれたのは、いうまでもない。

 

彼女は、なぜマン島がレースの場になったかという興味深い話も教えてくれた。

レースがはじまったのは、なんと1907年。これだって充分古い。

わがままな英国王子が、自分がみたモンテカルロのレースをイギリスにももってきたかったのだそうな。

でも、イギリスのどこにもそんなレースが自由にできるようなところはない。

でも、はたと、

「レースをやっても、誰も気にしないところがひとつだけある。そもそも、スピード制限もない。」

場所があることに気がついた。

それが、「マン島」だったのだ。

 

マン島の人にとっては、迷惑な話だろうが、

今では、世界に「マン島」ありと、しらしめる重要なイベントなのだろう。

ここに集まってきたライダーたちは、みんなキラキラした目をしていた。