ロンドン,ミュージアム,ギャラリー,アート,ツアー,ガイド,案内,イギリス,英国,美術館,博物館,展覧会,観光,旅行,個人,日本人
文化を主としたロンドン現地ガイドツアー
info@artlogue.net

ユーモラスな池:ヘルトォーク&ドムローンとアイ・ウェイ・ウェイ

ロンドンは先週末から急に晴天続き、今日は30度を越えました。秒読み段階のオリンピックの熱気が天にも伝わったのでしょうか?ミュージアムもいたるところで関連の展示をしています。

ケンジントン公園内にあるサーペンタインギャラリーもそのひとつ。
あの北京オリンピックスタジアムの「鳥の巣」を創った、
スイス建築家ユニットのヘルトォーク&ドムローンと中国のアーティスト、アイ・ウェイ・ウェイがふたたびコラボレートし、
ロンドンの公園に建築オブジェがお目見えしたのです。

いっしょに観に行こうと、友人と現地で待ち合わせしたのですが、
先に到着した彼女が、「池のそばで待ってるよー」と携帯メールをくれました。
「池?あのへんに池なんかなかったぞー、そうか、アーティストが作ったに違いない」と想像する私。
すぐいくよーと返信しながらギャラリーに近づいていくのですが、池なんてぜんぜん見えてきません。
と、向こうの方で友人が手を振っているのが目にはいりました。
「池なんて、ないやーん」と心で叫ぶやいなや、なんと、目線のまっすぐまん前に池!

つまり、土地のゆるやかな起伏を利用して、目の高さに池をしかけたのです。
構造的には、ちょうど二枚貝のようで、上のほうが人口の池、その下(垂直に真下)には、複雑な形状をしたベンチやステップができており、ちょっとしたカフェになっています。
少し高いところから見下ろせば、確かに池で、鏡のように公園の緑や赤レンガのギャラリーの建物が映りこんでいる。
この意表をつく出会いに、なんだか口角が緩んでしまったのです。

友人といっしょにお茶でもしようと池の下に入っていくと、今度は足元からユーモアが伝わってきました。
見た目には石製のステップやベンチやテーブルが、ぜーんぶコルクでできていたからです。
外見上は硬い物質と思って込んでいたものが、触れれば柔らかで暖く、またしても意表をつかれた次第。

彼らの作品は、わたしたちの視覚的なイメージやそれに付きまとう固定概念、感触というセンスと戯れているようです。
お茶じゃなくてやっぱビールよね、とチョイスを変えて、貝の中でわたしたちの会話も弾みました。

serpentain pavilionimage (c) Iwan Baah

このブログは、アートローグのディレクターによって書かれています。

アートローグは、ロンドン現地にて、ユニークな文化の旅の企画・ご案内や日英のミュージアム・コーディネートの仕事をしています。

観光の個人ガイドのほかに、現地日本人向けの文化講座や、文化関係の通訳やミュージアム資料調査の代行も行っています。

サービス全体にご興味のある方は、下のロゴ(ロビンといいます)をクリックして下さい。

check_hare


コメントを残す