ロンドン,ミュージアム,ギャラリー,アート,ツアー,ガイド,案内,イギリス,英国,美術館,博物館,展覧会,観光,旅行,個人,日本人
文化を主としたロンドン現地ガイドツアー
info@artlogue.net

歴史散歩4:ジョン・ソーンズ博物館とホルボーン法曹院

“隠れた「迷宮」博物館と歴史ある法曹院”

 


 

サー・ジョン・ソーンズは、イングランド銀行などを手がけた18世紀の建築家。自宅の一角をミュージアムにし、考古資料・絵画・陶磁器などなどのコレクションで埋め尽くしていました。亡くなる時に、手をつけないことを条件に国に寄贈しました。それが「サー・ジョン・ソーンズ博物館」です。おもちゃ箱をひっくり返したようなこの博物館は、当時の世界観が伺えてとても興味深い。

博物館見学後は、中世から存在した法曹院リンカンズ・インの構内をめぐり、都会の喧騒から離れた美しい庭や建物を散策しましょう。フリート通りでは、古い歴史を学び、ロンドンでも最古のパブで休憩をとります。十字軍時代を髣髴とさせるテンプル教会では、中世の歴史を紐解きます。この界隈には、宝石のような小さな美しいお庭が隠れています。最後は、紅茶の老舗トワイニング本店(1706年創立)で試飲したり、お買い物を楽しんで下さい。

「歴史散歩」は、アートローグが提供するユニークな歴史町歩き。ガイドブックにも載っていない、ロンドンでも最も歴史あるエリアの裏道を歩くツアーです。

ブログ「ロンドンで最も小さな迷宮空間」で、サージョンソーンズ博物館について紹介しています。


簡単なスケジュール 

所要時間 約4時間 全て徒歩での移動です。(一万歩以上) 途中カフェやパブなどで休憩もいれます。

時間(集合・解散時間を含め)や内容はフレキシブルに変更可。

ご案内時間例: 9~13時頃 あるいは、13~17時頃 (調整可能)
集合場所:   地下鉄 ホルボーン  Horbone 駅 集合
解散場所:   地下鉄 セント・ポール駅 St. Paul 駅 解散

ホテルまでの送迎も可能です。(片道£15追加-人数に関係なく)

<主な見どころ>

サー・ジョン・ソーンズ博物館  18世紀の建築家が自分で建てた自宅は、ロンドンの隠れた迷宮。ギリシアやイタリアから集めた物が所狭しと張り巡らされ、ソーンズの遺言で、彼が生きていた頃とそっくりそのまま残されています。

キュリオシティー・ショップ ロンドン大火で焼け残った400年前の店。その名も「好奇心の店」。チャールズ=ディケンズの小説のなかにも登場します。

法曹院 リンカンズ・イン イギリスの弁護士になるには4つの法曹院のひとつに所属する必要があります。そのうちのひとつリンカンズ・インは500年の歴史をもちます。都会の喧騒から離れた別世界の内庭を歩きましょう。

フリート通り シティーとウェストミンスターを結ぶ幹線道路。かつては印刷業で栄え、やがてジャーナリズムで賑わった通りです。

Ye Olde Chesier Cheese ロンドンでも最古のパブのひとつ。ディケンズやマーク=トゥエインが通った。ここに入ればいきなりタイムトラベル。

ヘンリー王子の部屋  ロンドン大火で残った古い家屋(16世紀)

テンプル教会  十字軍にゆかりのある教会。映画「ダ・ヴィンチ・コード」の撮影にも使われたところ。 

ミドル・テンプル・ホール エリザベス時代からあった壮大なホールの外観を見ながら、その歴史話を聞きます。

王立民事裁判所  壮大な建築物をご覧ください。

トワイニング本店 1706年からこの場所にあった本店で、試飲・お買い物を楽しみましょう。

 


料金設定 

数字は、お一人当たりの代金です。7人以上についてはお問い合わせ下さい。

他のツアーと組あわせた場合は、10%の割引になります。

人数 お1人参加 2人 3人 4人
 サービス料金 £130 £85 £65 £50

集合解散までの交通費やツアー途中の飲食代は含まれません。

7~11歳のお子さまは半額料金になります。 7歳未満のお子さまは受け付けておりません。


催行人数と催行日

催行人数: 1人~10人まで
催行日:月曜日以外 毎日 (12月24日~26日、1月1日を除く)