ロンドン,ミュージアム,ギャラリー,アート,ツアー,ガイド,案内,イギリス,英国,美術館,博物館,展覧会,観光,旅行,個人,日本人
文化を主としたロンドン現地ガイドツアー
info@artlogue.net

コートールド美術館:大改装プラン

ロンドンにあるコートールド美術館は、小さいながら名画が揃った内容の濃い美術館。

ゴッホの耳を切った自画像やドガの踊り子、マネ、モネ、ルノワール、セザンヌ、ゴーギャン、印象派や後期印象派だけではなく、ルーベンスやルーカス・クラナッハ、ピーター・ブリューゲルもある。

教科書にでてきたような名画が、ここちよい広さの中で、柵もなく、間近に楽しむことができる

– アート好きにはたまらない美術館だ。

 

わたしはここで、ホンモノを観ながら美術史講座(夏以外)を開催しているのけど、

先日、その講座で皆さんをご案内したら、あの名作、「耳を切ったゴッホ」がいない!

どこを探せど、いない!

館のスタッフに聞いたら、なんと、もっと大きなニュースを耳にしてしまった。

 

この美術館が、大掛かりな改修工事に入るのだそうだ。

それが、少なくとも2年はかかること (多分、オープンは2020年か2021年)

そのために、2018年の秋には、いったん閉じること

その準備のために、それぞれの絵画は少しずつ、他の美術館にあずかってもらうこと

ゴッホは、手始めに、アムステルダムにすでに里帰りしてしまったこと

わ〜。なんと!

え〜。淋しい!

が!

そこで気持ちを入れ替えて、

ミュージアムが息長く継続していくには、確かに、容れ物管理は避けて通れません。

むしろ、もっと現代的な建物、見事な美術館として生まれ変わるのが今から待ち遠しいと、思えばよい。

 

それでも、それでも、暫くの間、わたしたちは我慢しなくてはいけない。

まず。

ロンドンに今年夏までにいらっしゃる方は、見納めです。

この機会を逃してはなりませぬ。

一生悔やまれますぞ。

 

大改修の事は、新聞には載っているけれど、

今(2018年3月)のところ、コートールドギャラリーのHPなどには、大きなアナウンスは見当たらない。

ということは、あまり休館のニュースは広まっていないってこと?

やがてその情報は広まるでしょう。そして閉じる間際はとてもとても混み合うことでしょう。

やはり、ゆっくり名画たちに出会うならば、

なるべく早くにあなたの脳裏に残してくださいね。