文化を主としたロンドン現地ガイドツアー
info@artlogue.net

Archive for the 展示ストーリーと解釈 Category

画家たちのヒーロー:ドラクロワ

「ぼくらはみな、ドラクロワの言葉を使って絵を描いているのさ」 そう言ったのは、セザンヌだ。 1 […]

Read more

フェイス・オブ・ブリテン-英国の顔

「イギリス人であるとはどういうこと?」 「肖像画って何?」 肖像画美術館で開催中の特別展、『F […]

Read more

ぶさいくな王:ゴヤの肖像画展

ぶさいくな王:ゴヤの肖像画展

ロンドンでは、近年肖像画に焦点をあてた展覧会が多い。 ナショナルギャラリーでは今、ゴヤの肖像画 […]

Read more

身体への賛美:古代ギリシア美術・大英博物館

一生の思い出に残るような特別展示を観た。 大英博物館で開催中(2015春夏)の古代ギリシア美術 […]

Read more

1000枚のモネを売った男

日本の人は印象派好きだと思う。 彼らの陽気で、光にみちた明快な絵は、確かにわたしたちの眼を楽し […]

Read more

コンスタブルの雲がたなびく美術館

 私を画家にしたのはふるさとの風景だ。 英国を代表する風景画家コンスタブルの言葉である。 彼の […]

Read more

ミイラに心を通わせる:大英博物館

「ミイラと友達になれるような解説をして下さい」。大英博物館でのギャラリーツアーの前、お客様から […]

Read more

素晴らしく裏切ってくれた「ターナーと海」展:ロンドン海事博物館

グリニッジにある国立海事博物館で開かれている「ターナーと海」展がかなり盛況らしい。この展覧会の […]

Read more

ドロシーの赤い靴:ハリウッド・コスチューム展@V&A

はっきりいってハリウッド映画は嫌い。 だから、ロンドンのヴィクトリア&アルバート・ミュージアム […]

Read more

時空を超えるブロンズ像@ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ

扉を開けると、美しい人体が紺碧の空間に浮かんでいた。 鈍く輝くその体は、両手と右足がないのに、 […]

Read more
1 / 3123