ロンドン,ミュージアム,ギャラリー,アート,ツアー,ガイド,案内,イギリス,英国,美術館,博物館,展覧会,観光,旅行,個人,日本人
文化を主としたロンドン現地ガイドツアー
info@artlogue.net

美術館のバンクシー@アムステルダム

2016年末、アムステルダムの美術館でバンクシーをやっていると聞いて、

ロンドンから弾丸旅行をした。

バンクシーのファンであるだけではなく、

ストリートアーティストの作品を美術館という場でどうみせるのか、

どんな社会的インパクトがあるのか、自分の目で確かめたかったからだ。

 

最初は懐疑的だった。

ストリートに生きるはずのアート作品が、

「美術館」という限られた空間ではうまく生かせないんじゃないの?とか、

警察や国家などの権威に対して、反骨精神をもって向かうのがバンクシーらストリートアーティストの姿勢のはずで、

彼らにとって「美術館」もある意味権威に違いないのに・・・、

結局、そっちにとりこまれちゃったわけ?

・・・・なんて、かなり疑い深い気持ちが正直あった。

 

ところがところが、さすがのバンクシー。

展覧会をみてきて、この人はやっぱりホンモノだと思ったね。

 

アムステルダムでは、ふたつのミュージアムでやっていた。

Beurs van Berlage という中央駅前にある立派な文化施設と Moco Galleryというゴッホ美術館の隣にある現代アートの美術館。

特にMoco Gallery が面白かった。

ここは、20世紀はじめに建てられたモダンな邸宅が美術館になったところ。

美しいステンドグラスとか暖炉とかキャビネットがとかがある、とても洒落た建物。

ストリートアーティストたちが普段活躍する、廃墟ビルとか汚らしい横道とか、高架下とかとは正反対の空間だ。

そこに、バンクシーの作品がしっくり馴染んでいるなんて、とてもいえないけれど、

逆に、そのコントラストが、興味深く、圧倒的だ。

だから、美術館に取り込まれたのではなくて、

きっとバンクシーはそのギャップを狙ったんだ、と思った。

 

部屋ごとに「兵器」「監視社会」「商業主義」「それでも希望がある」といったテーマがある。

作品の一点一点も、額にはまっていたり、彫刻台にのっていたり、一点一点に解説がはいっていたり、

典型的な「美術館」の見せ方だ。

作品の横にちんまり解説ラベルが貼られていることなどに、はじめは笑えてしまった。

だって、ストリートアートは、美術を読み解くリテラシーのある一握りの人々だけではなく、

町に生きる一般の人々に向けた直接的なメッセージすることが命であり、

現代美術館によくあるような難解な作品ではない。

ほんとうはバンクシーの表現に「解説」なんて無用なんだから。

 

でも、作品の一点一点をみるうちに、

実は、この「美術館」という空間で展覧会自体をやることが、

彼の裏返しのコンセプトなのではないかと思えてきた。

そこには、わたしを含め、見に来た観客もが巻き込まれている。

 

アートって誰のためのものなのよ?

美術館って何よ?

つまるところ、アートって何なの?

 

「美術館に展示されたものがアートである」

というわたしたちの概念に、

逆説的にパワフルに問いかけてくる。

一点一点の作品だけではなく、

この展覧会全体をふくめて、わたしたちが生きる社会について、

裏返しの視点から考え直させてくれる。

 

たぶん、絶対的な答えなんてないんだろう。

だって、アートの定義はその時代に生きる人々が作っていくんだから。

むしろ、つくられた定義に迎合したりせず、その限界に果敢にチャレンジし、

命がけで根本的な問いかけをしてくる、それがホンモノのアートだと、わたしは思う。

レンブラントも、ゴッホも、アンディ=ウォーホールもそうだったように。

それがアートの力だと、今回の展覧会をみて再確認した。

 

ストリートアートのすばらしさのひとつは、そのユーモアにある。

笑いには、愛が裏打ちされている。

どんなに困難な社会に生きようと、人間がもちえる、すばらしいバランス感覚だろう。

 

この展覧会は、「Laugh Now 」というタイトルだ。

展示された作品の中に、猿が首から看板を下げているものがあった。

そこには、こう書かれている

 

「Laugh now, but one day we’ll be in charge」

 

なんとブラックな風刺のきいたメッセージではないか。

それでも、わたしたちは、少なくとも、バンクシーの展覧会に巡り会えた。

一点一点の作品を、同時にこれを見に来たわたしたち自身をも、

笑い飛ばせることが今日の幸せだと思う。

 

明日からエジプトにいく。

2011年、アラブの春の時、かの地では、たくさんのアートがストリートに花開いた。

でも、権力側は、反体制的な「ゴミ」として、みごとに一掃したのだそうだ。

もし、残っているならば、是非、アートの力に出会ってみたい。

 

dsc_0237dsc_0244dsc_0256dsc_0259dsc_0262dsc_0282dsc_0284dsc_0290

 

 

 

 

バンクシーの展覧会は、2017年1月31日までに延長されました。

Moco Museum  Amsterdam