ロンドン,ミュージアム,ギャラリー,アート,ツアー,ガイド,案内,イギリス,英国,美術館,博物館,展覧会,観光,旅行,個人,日本人
文化を主としたロンドン現地ガイドツアー
info@artlogue.net

トラファルガー広場の第四の像

ロンドンの観光名所、トラファルガー広場。

その中心に聳えているのは英国のヒーロー、ネルソン総督、ナポレオンからイギリスを守った将軍である。
それよりうんと低いけれど、広場の4隅にも像がたっている。
国王とか、軍人とか、政治家とか、それぞれに威厳あるモニュメントだ。

しかし、北西角にある第4の柱台は、他の3つとは全く様相を異にする。
実は、ここに載っているのはアート作品で、
コミッションを受けた現役アーティストが新作を創り、期間限定でここに設営するのである。

それら作品は、いつもイギリス社会の物議を醸しだした。
前の作品が撤去されると、今度は何が来るのかロンドンっ子の話題になる。
実は、ちょうど1週間ぐらい前、新しい作品の除幕式があった。

お目見えしたのは、ドイツ人アーティストのHans Hakkeの
巨大な馬のスケルトン、題して 「Gift Horse」である。

2015-03-07 10.57.09

なんだか、標本資料みたいで、戸外でみるとショッキングだが、
よく見ると、首にリボンをつけていて、なかなかお茶目だ。
そのリボンは電光掲示板にもなっていて、
もっとよくみると、なんとそこには、証券取引所の株化情報が流れている。
どうやら、いろいろなメッセージがありそうだ。
金融都市ロンドンの金とパワーか?
資本主義に対する皮肉か?

2015-03-07 10.54.20

それが馬であることも意味がある。
隣の北東角にいるのは、馬に乗った英国王ジョージ4世。
騎馬像は、伝統的なパワーの象徴である。

2015-03-07 10.52.56
誰だって、その騎馬像とのつながりをつくるに違いない。
でも、なぜスケルトンなのだろう。
それも何かしら皮肉なのだろうか。

実は、この立地にもうひとつのからくりがある。
この像の背後にある立派な建物はナショナルギャラリーだ。
館内のイギリス美術の展示室には、
馬を描かせたら右に出る者がいない画家、ジョージ・スタッブの作品がある。
素晴らしい毛並みの感触が感じられるような、
飛び上がった鼻息が聞えそうな、活き活きとした馬だ。

Whistlejacket
スタッブは、写実性を追求して馬の解剖図を山のように描き残した。
実は、Hakkeのスケルトンの馬は、そのスケッチを基にしている。
こうやって、いろんなことが結びついてくると、ますます面白い。
骨格だけの、ちょっと冷たいイメージも、
青い空に映えて美しいし、リボンをつけて愛らしい。
そんなわけで、2015年、あなたがロンドンのトラファルガー広場にいらしたら、このユーモラスな馬が出迎えてくれるだろう。

これをどう解釈するかは、もちろんあなた次第である。

ところで、過去、この第4の柱台にどんな作品が設置されたのか、アルバムから探して、ここに並べてみよう。
どれもこれも、それぞれにロケーションをうまく利用したユーモアたっぷりの作品ばかりである。

どの像が、あなたを迎えてくれましたか?

IMG_1550

horse and boy

bottle

このブログは、アートローグのディレクターによって書かれています。

アートローグは、ロンドン現地にて、ユニークな文化の旅の企画・ご案内や日英のミュージアム・コーディネートの仕事をしています。

観光個人ガイドの他、現地日本人向けの文化講座や

文化関係の通訳やミュージアム資料調査の代行も行っています。

サービス全体にご興味のある方は、下のウサギをクリックして下さい。

 

 check