ロンドン,ミュージアム,ギャラリー,アート,ツアー,ガイド,案内,イギリス,英国,美術館,博物館,展覧会,観光,旅行,個人,日本人
文化を主としたロンドン現地ガイドツアー
info@artlogue.net

語られない歴史:原爆投下の本当の理由

今月、アメリカで「プラトーン」や「JFK」で知られる映画監督オリバー・ストーンの新作シリーズがリリースされた。
「The Untold History of The United States」という、戦後アメリカ史に関するドキュメントリーだ。
このフィルムでは、ヒロシマ・ナガサキでの原爆の投下から始まって、JFK時代、ニクソン、ブッシュ、そしてオバマ大統領にいたるまでの長大な時間枠の中で、
公には語られてこなかったストーリーに焦点があてられているという。

「歴史」はけっして公正ではなく、「創られる」ものであることは、ホブズボウムら社会学や歴史学者たちが主張してきたことだ。
その上でこの新作に興味を覚えたのは、日本との関係が重要なファクターになっていることの他にもう一つある。
それは監督がこのドキュメンタリーをつくった動機だ。
オリバー・ストーンは、アメリカでは、戦後一貫して、学校の教科書で語られる歴史が嘘で塗り固めてきたことを嘆き、
ベトナム戦争を経験した者として、次世代に本当のことを伝えるためにドキュメンタリーをつくりたいと思っていたのだそうだ。
わたしは、アメリカの教科書を読んだことはないけれど、
彼の言葉は、以前このブログで紹介したスミソニアン国立アメリカ歴史博物館での戦争展示のことに直結した。

たとえば原爆投下について、
「あれは、戦争を終結させるために、やむを得ない判断だった」のであり、
結果的に、アメリカ兵を家に帰らせ、アジアの多くの人々を解放した「GOOD WAR」だったと、
アメリカの学校ではずっと教えられてきたと、ストーンはいう。そして、「うちの娘も今現に教えられている」と付け加える。
しかし、原爆投下より以前に、日本が軍事的に大敗していることは火をみるより明らかで、
そのことはアメリカの指令部はもちろん、日本側も充分に認識していた。
原爆が落とされる前の7月には、天皇ヒロヒトから平和を望む旨の電信がアメリカに送られたという記録があるのだそうだ。
つまり、原爆投下などしなくても終戦に導くことは充分可能だった。にもかかわらず、
ふたつの都市の上に最悪のデヴィルを落としたのである。
なぜか。
これについては、誕生したばかりの超兵器を試してみたかったからとか、
劣等人種をモルモットに人体実験をしたかったからなどという意見もあるけれど、
歴史学者がコミットしたこの映画では、
ロシア軍が大挙して日本列島にせめよせており、
終戦後の連合国間における分け前をめぐる取引がすでに頭にあったからだと主張する。

何が真実か。
わたしにはそれを解くだけの知識も歴史的考察の訓練もない。
解明されなければならないことはまだまだたくさんある。
ただ言えるのは、歴史は「操作される」ということが、ここでも証明されたということだ。
なにが本当の理由であれ、原爆投下が「戦争終結のためではなかった」ことは、おそらく間違いない。
その一方で、それがために市井の人々が受けた犠牲、日本社会が負った傷は計りがたく大きい。
そして、人道的な観点からもけっして許せない人類的過ちを隠蔽するために、
自国アメリカ人や世界の目をくらますために、
当事者の都合のよいように歴史は創られた。
これは、「GOOD WAR」だったと。
アメリカだけではない。
占領下の日本でも、被爆の被害の大きさは国家的に隠蔽された。
敗者の歴史は、勝者の都合のよいように捻じ曲げられ、その社会的後遺症が今も残っている。

そのように、アメリカの教科書で一貫して書かれてきたことは、
「歴史博物館」での語り方とそっくりそのまま符合する。
スミソニアン国立アメリカ歴史博物館の展示は、
原爆投下は戦争を終わらせ、多くの人々に解放をもたらしたのだと
戦争とは人々の自由の代価なのだと、語るのだ。

このことはもちろん、わたしたちが戦争の被害者として相手の歴史認識を問いただすだけではなく、
翻って、自己の歴史がいかに創られてきたか、加害者としての自己はどう描かれたきたかを、真剣に問い正す契機としなければなるまい。
少なくとも、アメリカではこのようなドキュメンタリーが公開された。
そのことの意義は大きい。
日本のメディアはどうか。教科書はどうか。そして、ミュージアムはどうなのだろうか。


このブログは、アートローグのディレクターによって書かれています。

アートローグは、ロンドン現地にて、ユニークな文化の旅の企画・ご案内や

日英のミュージアム・コーディネートの仕事をしています。

観光の個人ガイドのほかに文化関係の通訳やミュージアム資料調査の代行も承ります。

ご興味のある方は、下のロゴをクリックして下さい。

check_hare


コメントを残す